ご希望に合わせた治療

お悩みに合わせた治療方法

大人の矯正(成人矯正)

最近は大人の方から歯並びについて関心が高くなっています。
以前の歯列矯正と違い、最近では成人を過ぎた30歳代以降の方も矯正治療をお受けになることができるようになりました。
最大の理由は、治療に使用される素材の変化と治療法の変化です。
近年は新しいワイヤーの素材が開発され、生体に持続的なやさしい力をかけることによって、大人の組織や骨に合わせた治療が行えるようになりました。

さらに、スムースに生体が反応するような治療システムの開発が進んでいますので、その治療技術をいち早く取り入れることで、裏側矯正(リンガル矯正)や目立たない白く透明の装置(セラミック矯正)、さらに取り外しの可能なアライナー矯正(マウスピース矯正)により、大人でも審美的に、快適に歯列矯正を行えるようになっています。
矯正治療は、審美的な問題だけではなく、歯磨きがしやすくなることで、虫歯や歯周病の予防にもつながります。
お口の中を健康にすることは全身の健康を保つためのファーストステップになります。

ご希望に合わせた治療

矯正歯科治療は基本的に健康保険の適用にはならないことから自費の治療になります。
しかし、全ての方が同様の矯正治療法になるわけではありませんし、その方の歯並びや咬み合わせ、またお口の中の状態によっても使用する矯正器具や治療法が異なってくることの方が一般的です。

例えば、上下の歯列について、部分矯正と全体の矯正の組み合わせや、マウスピース型のアライナー矯正と部分矯正など、様々な方法の特徴を活かして、その方に合ったオーダーメイド・システムの選択型矯正治療法で費用を抑えて治療計画を立てることも可能です。
カウンセリングでは患者様のご希望をお聴きしてその方に合った矯正歯科治療のご提案をさせていただきます。

目立たない矯正がしたい

矯正治療をするにあたり、気になることの一つが金属色の器具を長期間にわたりつけていることであるでしょう。

目立たない矯正
子供の歯並びを相談したい

矯正歯科をされるにあたって、小児矯正と成人矯正に違いがあるのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 小児矯正の特徴は、今後、成長が見込まれ顎の大きさやかみ合わせの場所が変わっていく可能性があることです。

小児矯正
  
見えにくい裏側矯正がしたい

裏側矯正のメリットはもちろん表側からは見えないので、周りの人から気づかれずに歯列矯正を行えることになります。最近は、裏側矯正にも様々な方法や種類がありますが、患者様にとって大きく変わることは、装置の大きさと費用になるでしょう。

裏側矯正
    
マウスピース矯正を相談したい

マウスピース型アライナー矯正の需要が高まってきています。取り外しが可能なマウスピース矯正には特徴があります。

マウスピース矯正
部分矯正のメリット

通常のワイヤーによる矯正治療法に併用して外科手術により上顎骨に切開した切れ目を入れて行う方法です。

部分矯正
  
治療費用を抑えた矯正治療

矯正歯科治療は基本的に健康保険の適用にはならないことから自費の治療になります。

治療費用
  
なるべく短期間で治療したい

矯正治療の期間については必要な条件がいくつもありますので一概に短期間で可能にはならないと考えてください。

ホワイトニングもしたい

矯正治療中にはホワイトニングという歯を白くすることはできないと思われていますが、裏側からの見えない矯正や取り外しの可能なマウスピース型アライナー矯正であれば、歯並びをきれいにしながらホワイトニングもすることができます。

ホワイトニング
矯正歯科治療中の日常生活について

・表側からの矯正治療、裏側からの矯正治療、また固定式の装置、取り外しが可能な装置と様々なタイプの矯正治療法がありますが、どの方法でも矯正歯科治療を開始すると日常生活において変化があります。

・矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいことがありますが、必ず慣れて通常通りに戻ります。取り外しが可能な装置では外せば通常通りになりますが、外す時間が長ければ、治療期間も長くなるのが一般的ですので、歯を移動するために矯正力をかける時間は同様に必要となります。裏側からの矯正では舌が、表側からの矯正では唇が触るので初めは発音しにくい時期もありますが、徐々に慣れてくるので日常生活に支障はありません。

・矯正治療中のスポーツや楽器の演奏については種類により対応は違ってきます。スポーツによってはマウスガードの着用を義務つけられている競技もありますので、詳しくは「院長のコラム」にある「歯列矯正中もスポーツ用マウスガードを」をご参照ください。楽器の演奏に特に制限はありませんが、装置の装着時期などは発表会の時期と一致しない方が良いでしょう。

・矯正治療中に妊娠された場合には、レントゲン撮影は避けるようにするため早めにご報告いただけるといいでしょう。妊娠性の歯肉炎になりやすいためいつも以上の口腔衛生に気を配る必要はあります。また歯肉炎の状態によっては専門医による診察が必要となることもありますので、ご相談ください。矯正歯科治療については通常通りの通院をしていただきますが、出産後は3~5カ月くらいそのまま中断することもありますので、矯正治療の期間がやや長くなることをご理解ください。より良い健康状態を保っていただくことが優先になります。

アクセス

診療時間
診療時間
11:00~20:00
地図
ティースアート矯正歯科 渋谷店
休診日

日曜・祝日休み

最寄駅

JR線 渋谷駅から徒歩2分 駐車場あり。

住所

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル3F

お問い合わせ

TEL:03-3464-8211

ティースアート矯正歯科 渋谷店